わたしたちと高隈

ホーム 団体概要 問い合わせ プライバシーポリシー

高隈地区コミュニティ協議会とは? about 郷土芸能・名所・旧跡 place 高隈レポート report 活動レポート introduce リンク link

 

協議会レポート

 

2019.08.19

そうめん流しと盆釜(ぼんがま)体験を開催

8月18日(日)、まちづくり部会では、たかくま石蔵館広場に於いて、生

き生き大学生(地域の高齢者)、小中学生、保護者、コミュニティ協議会等、

計122名の参加で、「そうめん流しと盆釜(ぼんがま)体験」を開催し、

交流を深めました。

盆釜(ぼんがま)とは、昔の行事で、お盆に川原・道端・寺の前など野外に

竈(かまど)を築いて煮炊きし、共同で食事をする行事で、高隈では、子ど

も達が米、銭を貰い集めて、焚物を集め、竈(かまど)をつくり、食事の準

備をして柿の葉の茶碗で食べていたそうです。

当日は、盆釜に詳しい地域の方に説明を聞き、盆釜について学びました。

子ども達は、昔ながらの羽釜でご飯を炊くために升で米を計り、米を洗い、

火のおこし方や炊き方など初めての体験でしたが、高齢者の方から教えてい

ただき、真剣な表情で聞いていました。

また、小刀の使い方も教わり、竹で器や箸を作りました。

そうめん流しでは、約16メートルの流し台を2本設置し、みんなで並んで

いただきました。

子供たちは、自分で作った器や箸でとても美味しそうに食べていました。

みんなで共同作業した盆釜体験、どなたも楽しそうで、昔の行事の伝承がで

きてよかったです。

まちづくり部会、生き生き大学の皆さん、前日の準備や手作りの立派なそう

めん流し台をありがとうございました。

よく読まれている記事